モビットは即日お金借りれる?初めてのキャッシングならモビットカードローン

モビットは即日お金借りれる?初めてのキャッシングならモビットカードローン

 

 

・モビット金利3.0−18.0%
・モビットWEB完結で書類なし、職場電話なし
・10秒簡易審査
・来店不要即日融資
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

モビット

 

 

モビットで即日融資できる?審査基準と必要書類について

 

急遽お金が必要になったとき、持ち合わせがないときは、借入を受けることを検討する方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、急にお金が必要になったからと言って申込みをしてその日のうちに即日融資を行ってくれる貸金業者はがあるのか心配に思っている方もいるようです。

 

即日融資をしてくれると言っても信頼できない貸金業者から借入をすると後でトラブルになることがあるので注意が必要です。

 

 

 

モビットは、三井住友銀行グループ運営しているので、安心して利用することができます。

 

そして、モビットは即日融資に対応してくれる会社なので、急にお金が必要になったときは、利用を検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

モビット即日融資を受けるためには、まず、借入に必要な必要書類を準備しておきましょう。

 

必要書類が足りなかったことで即日融資を受けることができない場合があります。

 

即日融資に必要な書類は、本人確認ができる運転免許証やパスポート、現在の収入を証明できる書類として源泉徴収票の写し、

 

所得証明書の写し、給与明細書の写しなどが必要になります。

 

給与明細書の場合は、直近の給与明細の2ヶ月分が必要になります。

 

また、賞与がある方は、年間の賞与額が確認できる賞与説明書も必要になります。

 

個人事業主の方は、営業状況確認にお願いが必要になる場合があります。

 

営業状況確認のお願いは、書類をホームページからダウンロードをすることができます。

 

即日融資をネットで全て完結させたいという方は、モビットが指定している三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行、いずれかの普通口座を作っておくと、その口座に振り込みをしてもらうことができるので、
口座を持っていないという方は、事前に準備をしておくとスムーズに手続きを行うことができます。

 

 

 

申込みをしても審査に通るかどうか心配だという方は、審査基準が気になるものです。

 

モビットには、10秒簡易審査があります。

 

あくまでも仮診査ではありますが、結果がすぐに分るので、審査に通る可能性があるかどうかを事前に確認することができます。

 

10秒簡易審査に通り、申込みをしたときは、本審査は最短30分で行われるので、急ぎで融資をして欲しいというときに便利に利用することができます。

 

審査基準は返済能力があるかということをしっかりと確認されるので、他社にも借入がある方や安定した収入がない方は審査に通らない場合があるので注意が必要です。

 

モビットは比較的金利も低く利用しやすい会社なので、いざというときは利用を検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

モビットWEB完結とモビットカードローンどちらがいい?違いがよく分からない

 

モビットは、銀行系消費者金融に分類される消費者金融でキャッシングサービスを提供しています。

 

この銀行系消費者金融というのは、設立が消費者金融と銀行の出資によって作られたというもので、

 

モビットはもともとは消費者金融大手のプロミス、信販会社のアプラス、三和銀行(現在の三菱東京UFJ銀行)の3社によって2000年に創業したもので、銀行の豊富な資金量とプロミスの消費者金融としてのノウハウが融合したものになります。

 

 

このため当初から即日審査、即日融資が売りで、また自社店舗を持たずにローン契約機やインターネット、電話などが申し込みチャンネルとなっていた消費者金融になります。

 

しかし、出資会社のプロミスが三菱東京UFJ銀行系から離脱し三井住友銀行になった経緯から2012年以降は三菱東京UFJ銀行の出資分を三井住友銀行の子会社で旧プロミスのSMBCに譲渡され、現在では三井住友銀行グループの銀行系消費者金融となっていますが、

 

今でも三菱東京UFJ銀行との関係がなくなったわけではなく、ローン契約機などでも三菱東京UFJ銀行のものが利用することができます。

 

一方で、モビットのキャッシングサービスとしては、カードローンのみでしたが、WEB完結申し込みが2012年から登場しています。

 

違いとしては申し込み方法のみで実際の貸付条件は両者とも同じです。金利は年利3%から18%で最高800万円となっています。

 

カードローンの申し込みの場合は、従来の方法で個人情報や所得情報などを提供して審査を受けます。在籍確認ももちろん行われるため職場との連絡が取れるのが利用できる条件です。

 

しかし、在籍確認は何かとハードルが高いものですし、避けたい人も多くいることから、それらのニーズに応えるために登場したのがWEB完結申し込みです。

 

WEB完結申し込みの条件は、すべての手続きをネット上で行うというものです。このためネット専用申し込みになりますが、このさいに電話による在籍確認は省略されるのが最大の特徴です。

 

ただし、利用する場合にはいくつかの条件をクリアする必要があります。ひとつは東京三菱UFJ銀行または三井住友銀行の銀行口座を保有していることです。

 

これはモビットからローンカードが発行されないためで、借り入れと返済は銀行のキャッシュカードで行うことになります。

 

また在籍確認は社会保険証によって行われるため社会保険証を持っている人がWEB完結申し込みが利用できる人になります。

 

 

モビットの在籍確認について 勤務先に連絡されるのが不安

 

融資の審査を受ける場合、気になるのは職場への電話ですが、これはモビット在籍確認にも当てはまります。

 

モビット在籍確認は、他の金融業者と同じく、職場に確認の電話が行われるのが基本です。

 

しかし、申し込み方法や審査の注意によっては、在籍確認の心配なく契約を結ぶことが出来るようになります。

 

実店舗での契約は、モビット在籍確認の対象になるので、良く検討して決めるのが無難です。

 

モビットを選択する時は、オンラインで完結するWEB申し込みを選び、在籍確認を回避するのがヒントになります。

 

モビット在籍確認を避ける為には、モビットが指定する銀行口座を持っていること、そして健康保険証や組合保険証を提出出来ることが条件です。

 

また、源泉徴収票や給与明細書等、収入を証明することが出来る書類の提出も該当します。

 

これらの三つさえクリア出来れば、職場に電話が掛かって来ることは一切なくなりますから、安心して審査結果が待てるようになるでしょう。

 

在籍確認の問題点は、何時電話があるか気が気でないこと、それに上司や同僚から詮索されないかという心配にあります。

 

逆に、モビット在籍確認の心配が確実になくなると、職場で電話の着信音に怯える不安が解決しますし、上司に説明したり理解を求める手間が省けます。

 

三条件は必須ですが、他にも申し込み書類を完璧に整えたり、借り入れ状況がクリーンな状態で申し込むのもポイントです。

 

申し込み書類は、相手に信用を証明する材料になるので、不備があると不信を招く要因に繋がります。

 

勿論、小さなミスが審査に影響することはありませんが、不備が複数となれば話は別です。

 

申し込みの項目は完璧に埋め、何度も繰り返し再確認して、自信を持ってから提出することがおすすめです。

 

一方で、現在少額でも他で借り入れがある場合は、一切を返済して完済の実績を作っておいた方が良いでしょう。

 

返済は実績になりますし、借り入れは残っているよりも返し終えた方が、モビットに好印象を与える切っ掛けに変わります。

 

申し込み方法や提出書類を始め、各ポイントを踏まえれば在籍確認はなくなります。

 

それでも不安といった時は、申し込み時に在籍確認の有無を尋ねて、回答を得てから正式に手続きを踏むと安心です。

 

モビットに在籍確認が存在する事実は、金融業者の性格を考えるとし方がないので、現実的に避けられる方法を知ることが重要です。

 

WEB申し込みと契約に必要な三つの書類、この条件さえ理解してしまえば、モビットの審査は怖くなくなります。