プロミスでお金を借りる為に知っておきたい注意点

 

 

・プロミスオペレーターにキャッシング審査相談で会社電話連絡なし
※ご希望に添えない場合もあります。
・プロミス金利 4.5%−17.8%
・初めての借り入れならアドレス登録と、WEB明細利用で30日無利息
・借り入れ3秒診断
・来店不要、即日融資も可能なので便利

 

プロミス

 

 

プロミスでお金を借りる為に知っておきたい注意点

 

プロミスでお金を借りる為に知っておきたい注意点

プロミスでお金を借りると、信用情報機関に記録が残ります。すぐに返済できれば問題ありません。

 

しかし多くの人は資金が不足しているので、なかなか返済期限までに完済できないということもあります。

 

長期間返済を遅らせていると、今後のローン返済に悪影響を及ぼします。

 

また返済の遅れがなくても、住宅ローンのように大口のローン審査においては、お金を借りること自体が不利になる恐れがあります。

 

近いうちにローンを組む予定がある人は、お金を借りるのを先延ばしにするのが無難です。

 

またプロミスの審査には時間がかかります。何も問題がなくて早く審査が終わる場合でも30分はかかります。

 

状況や審査内容によってはさらに時間がかかるので、時間に余裕のある時に申し込みをするのが良いです。

 

審査ではプロミス側から何度も電話がかかってくることもあります。

 

それらの電話には、面倒がらずに正確に応えます。適当なその場しのぎの回答は、その後の審査が長引いたり、

 

悪い印象を持たせたりする原因です。

 

また、プロミスから早くお金を借りたいならば、インターネットを使って申し込むのは避けます。

 

Web契約は平日14時までに契約完了とならない限り、その日に融資を受けることができません。

 

 

プロミスでお金を借りる時に必要な身分証明書とは

 

消費者金融大手のプロミスでは窓口でもオンラインでも審査を受け付けています。

 

どちらの場合でもお金を借りるためには所定のフォームに必要事項を記入したうえで身分証明書を添えて提出する必要があります。

 

オンラインの場合至急の手続きを希望するのであれば画像をスキャンし、はっきりと読める状態であれば、添付データとして送信する事も可能です。必要な身分証明としては運転免許証が一般的ですが、なければパスポートか健康保険証を用意します。

 

在日の外国人の場合は在留カードか特別永住者証明書が必要です。期限が切れていないものであれば外国人登録証明書でも認められます。いずれの場合でも有効期間内のものでないと審査受付には通りません。

 

これに加えて50万円以上お金を借りる場合や職種によっては収入を証明できる源泉徴収票や給与明細などをあわせて提出することを求められます。

 

プロミスでは身分証明書に加え、審査の最終段階で申請者本人が本当に申告した会社で働いているかどうかを確認するために電話による在籍確認を行います。

 

お金を借りる以上期日を守ってきちんと返済することが求められるので、証明書で身分を確認できたとしても自分の連絡先を伝えておくことも必須です。

 

プロミスでお金を借りる 借入限度額

 

プロミスの借入限度額はどのようにして決められているのでしょうか。プロミスのように一般的な消費者に対して少額融資を提供している会社では明確な借入限度額に対する基準が存在します。この基準のことを、総量規制と言います。

 

総量規制は、簡潔に言うと消費者が借りるお金を年収の三分の一までとする規制のことを言います。この規制は全ての消費者金融に対して適用されることになるため、プロミスであっても例外ではありません。しかし、この総量規制におかげで自由な借入をすることができるようになっていることもまた事実なのです。

 

例えば、年収が300万円程度持っている人が消費者金融でお金を借りるときにはその限度額は100万円になります。この100万円という限度額は全ての消費者金融に当てはまることなので一つの会社で60万円のお金を借りても別の会社で40万円のお金をさらに借りることが出来るのです。

 

つまり、総量規制によって決められた枠内の中ならば複数の会社からであっても自由に借入をすることが可能です。法律でこのようにルールが定められているのですから消費者は自由に申請をして良いわけです。
このように、プロミスの借入限度額もこうした規制によって成り立っています。