みずほ銀行カードローンは即日キャッシング可能? 当日お金借りる際に抑えておきたいポイント

みずほ銀行カードローンは即日キャッシング可能? 当日お金借りる際に抑えておきたいポイント

 

 

金利:年2.0%から14.0%
限度額:10万円〜800万円
収入証明書徴求 極度額:50万円超
・24時間申込み受付可能なカードローン
・みずほ銀行キャッシュカードを持っていると便利
・キャッシュカードを持っていればキャッシングカード発行不要です。
・メガバンクの安心感

 

 

 

 

みずほ銀行カードローンの審査基準 審査基準について

 

みずほ銀行カードローンには何種類もありますがそれぞれ審査基準は異なります。

 

まずは利用限度額が10万円から800万円という高い商品がありまして

 

これは限度額も100万円単位で適用が決まります。

 

金利も年2.0%から14.0%という低さですので、これを利用できることになればとてもお得で、

 

例えばおまとめや借り換えに使えれば返済もとても楽になります。

 

しかしこのコースはそもそも40代50代で子供の教育資金に利用したいといった人をメインターゲットに考えられたもので、

 

審査の基準も高く設定されていまして、

 

現在の所得や勤務先の勤続年数などもかなり厳しい審査基準があります。

 

一方みずほ銀行カードローンにはこのコースと対になる形で

 

金利が年2.0%から14.0%というものも設けられていまして、

 

こちらは金利の上からもいわゆる銀行のカードローンとして一般的なものですので、

 

普通に仕事を行なっている人であればこれまでに特に多くの借り入れや延滞などがない限り審査基準をクリアできます。

 

これはいわゆる派遣社員の人のことですが、銀行のカードローンで

 

正社員も利用ができるようになっているものは審査基準がものすごく厳しく設定されているというよりは

 

広く門戸を開いているということですので、この点心配せずに申し込めます。

 

そしてもう一つの特徴は限度額が10万円20万円30万円50万円と

 

設定していってあるということです。

 

カードローンで設定枠の種類が少ないですと審査の結果

 

そのどれにも該当しませんというケースが考えられるわけですが、

 

このように幅が細かいですとほとんどの申込者がどれかには該当できるわけですので、審査基準に合わないために利用できないということがありません。

 

安心して申し込めるわけです。

 

なおみずほ銀行カードローンには近年これらとは別に女性専用の商品ができまして話題になっています。

 

こちらも利用する上限は一般的なカードローンと同一ですが、家計について電話で相談ができたり、

 

利用残高に応じて美容グッズが抽選で当たるなど女性向けのメリットがたくさんあります。

 

一般のカードローンでは審査基準が心配という女性の方はこちらを検討してみますとさらに安心です。

 

 

 

みずほ銀行カードローンは金利は他とどう違う?

 

メガバンクとしてあまりにも有名な銀行である、みずほ銀行カードローンなら安心してお金を借りやすいといえるでしょう。

 

申し込む際には他社のカードローンと金利を比較したいところですが、

 

この銀行のカードローンは金利比較がやや複雑になります。

 

単純比較でほかの消費者金融と比べても低金利で借りられてお得感が強いです。

 

みずほ銀行カードローンを他社と比較してみましょう。

 

比較対象として、同じくメガバンクとして評価されている三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行のカードローンで金利比較します。

 

三菱東京UFJ銀行のバンクイックならば、限度額500万円で1.8%〜14.6%です。

 

三井住友銀行のカードローンだと限度額800万円で4.0%〜14.5%になります。

 

最大の限度額が違いますので、単純に金利比較ができない状況ですが、

 

最も低い金利だけを見れば三菱東京UFJ銀行が圧倒的に金利が低く、お得にお金を借りやすいといえるでしょう。

 

三井住友銀行だと3つの中で一番高い金利になるものの、限度額を見れば、ほぼみずほ銀行カードローンと同じ水準だと判断できます。

 

最も高い金利の部分を見ると、3つとも14%台ですので、銀行ならではの低金利でお金を借りられるといえます。

 

その中でもみずほ銀行カードローンが、最も低くなっています。

 

一般的に最も高い金利が適用されるケースが多いですから、お得なカードローンだと結論づけることができるでしょう。

 

 

みずほ銀行カードローンは通帳記入される? キャッシュカードを持っていると誰かにばれるか不安

 

みずほ銀行カードローンは低金利で借りられることで人気です。

 

さてみずほ銀行カードローンの返済は、

 

毎月10日にみずほ銀行の普通預金口座から引き落としのみで返済できます。

 

ですから通帳記入されることになります。

 

それは「カード利用」などと記載され、みずほ銀行の名前も合わせて記載されることになります。

 

しかし「キャッシング」などと記載されるわけではないので、通帳記入の内容を見ただけではお金を借りたかどうかは判断できません。

 

ですが念のために通帳は家族に見られない場所にしまっておいた方がいいでしょう。

 

なおカードローンの利用明細は、自宅へは郵送されることはありません。

 

利用明細は、「みずほダイレクト」というインターネットバンキングで確認できます。

 

次にローンカードを持っていると家族にばれる恐れがあると心配されるかもしれませんが、

 

みずほ銀行カードローンなら大丈夫です。

 

なぜならすでにみずほ銀行の普通預金口座をお持ちの方なら、キャッシュカードをそのままローンカードとして使えるからです。

 

誰でも1枚や2枚のキャッシュカードをお持ちでしょうから、

 

例えみずほ銀行のキャッシュカードを持っていてもローンカードも

 

兼用していることを知っている可能性は限りなく低いのです。

 

また口座をお持ちでない方は口座開設が条件となりますから、

 

同様にキャッシュカードをローンカードとして発行してもらえばいいのです。

 

なおこの場合、融資を受けるまでに2~3週間ほどかかってしまいます。

 

みずほ銀行の店舗窓口なら即日に口座開設ができ、融資を受けるまでの時間を短縮できます。

 

さらにすでに口座をお持ちの方なら、50万円までの借り入れの場合、本人確認書類の提出さえ必要ないのです。

 

なぜなら普通預金口座を開設する際に、すでに本人確認が済んでいるからです。

 

本人確認書類の提出が不要な銀行カードローンはほとんどなく、大変便利です。

 

その方法は、平日の午前中にインターネットまたは店舗窓口にて申込が完了していることです。

 

平日の午後に申し込むと、最短翌営業日に融資されることになり、

 

さらに土日祝日を挟むとさらに遅れるので、なるべく早い時間に申込を済ませましょう。